九州外語専門学校

福岡で英語を学ぶ。外国人講師と日本人講師の揃った英会話授業なら40年の実績で安心の九州外語専門学校!

TEL:092-721-5020 E-MAIL:info@kyushu-gaigo.com

海外留学を終えて

  1. 九州外語専門学校
  2. 留学について
  3. 海外留学を終えて

海外留学を終えて

  • 習った事をすぐに友達との会話で活かすことができた

    留学当初は中々友達もできず、英語を話すのも一苦労でした。授業スタイルは日本と真逆で自分から発言しないと英語力は伸びないし、授業中に参加することもできないと気付きました。シャイな自分のままではいけないと思い、積極的に発言するようになりました。いつも励ましてくれるホストマザーや授業don’t be shyと言って助けてくれた友達のお蔭で留学後の自分はより明るく、積極的になったと思います。

    イギリス留学して良かったことは、習った事をすぐに友達との会話で活かすことができたこと、ヨーロッパ圏に格安で旅行に行けたこと、イギリス英語を学べたことです。学校外では友達が自分の国の料理を作ってくれ、毎週金曜日はパーティーなどもありました。友達と遊ぶことも英語力を伸ばすのに大事な事なので学校が終わった後や、週末は友達とイギリス内を旅行することが多かったです。半年間の留学でとても成長することができました。

    廣瀬菜見子さん

  • 違う国旗の下で

    私は半年間カナダに語学留学をしていました。はじめの一ヶ月は、なかなかまわりの環境に慣れることができずにいました。ですが、毎日いろんな体験をすることで知らなかったことや、本やインターネット上でしか知ることができなかった北米の文化に直に触れることができました。

    自分が日本にいた頃は内気で人とのコミュニケーションを苦手としていました。カナダに行き、現地の人たちや多様なバックグラウンドをもつ人々と繋がることを知ることで自分が変わっていっていくことを実感しました。これが国際的に人と関わるということか、と英語を通じて学ぶこともできました。ほぼ毎日枕を涙で濡らすような日進月歩の日々でしたが、他国の歴史や言語、文化、または風習などの日本でいるだけでは想像の域を超えることができない知識を吸収できて私の中でこの生活は二度と同じものは経験できない“初めて”だらけの海外留学生活でした。

    田川沙紀さん

  • 背中を押してくれた先生方に心から感謝しています。

    私が留学に行きたいと思ったのは将来の目標の為、英語圏の学校に進学したいという理由でしたが、元々勉強が好きではなかった上に、英語は大の苦手でした。入学当時は中学1年生に習う基礎英語が全く分からず、自分の名前をいうだけで精一杯でした。
    そんなスタートだった為、英語力もなかなか伸びずモチベーションも上げられないまま2年目を迎えてしまいました。「このままじゃだめだなぁ・・・」と思っている時にKGCの先生方に留学を強く勧めていただき、現状を変えようという思いでオーストラリアへ行きました。

    最初は不安いっぱいで、ホームステイ初日はホストファミリーの言っている事もわかりませんでしたが、ホストファミリーはゆっくり優しく話しかけてくれ、日に日に何を言っているかわかるようになりました。
    また、私の通っていた語学学校は日本人が少なく、最初はそれも不安でしたが少人数制のクラスは皆仲が良く、クラスもレベル分けされており、皆同じくらいの英語力なので、恥ずかしいという感覚は全く生まれず、同じ国の子同士で、休み時間、休みの日、いつでも英語を使う環境でどんどん英語を使う環境が楽しくなりました。オーストラリアでは、バイトをしたり休みの日は友人と観光をしたり、留学中は貴重な体験がたくさんできました。英語が嫌いな私でしたが、今は本当に楽しく勉強ができています。背中を押してくれた先生方に心から感謝しています。

    木村 彩さん

  • 学んだことは思ったことや、やってほしいことをはっきりと伝えること。

    私は2015年4月から9月の半年間、カナダのトロントに留学へ行きました。トロントへ行ってみると、差別もほとんどなく、フレンドリーで、困った顔をしていると相手から積極的に手を差し伸べてくれました。カナダは多国籍国家で移民も多く、私も多くの友達を作ることができました。生活面でも過ごしやすかったのですが、物価が高いところは少し大変でした。パブやレストランで食事をすればすぐに20ドルを超えましたし、チップも必要なのでもう少し高くなります。

    私が留学中に学んだことは、思ったことや、やってほしいことをはっきりと伝えることです。海外では日本のように物事を察して何かをしてくれるということはほとんどありません。もし黙っていれば、それはOKのサインなのです。それで後々問題が起きたとしても自分のせいになってしまいます。そうならないためにも思った事ははっきりと相手に伝えなければいけませんでした。後は英語を上達させるために、相手が日本人であっても英語で会話をすることが大切でした。また英語脳に切り替えるために一度母国語を忘れることも重要でした。これから留学しようと思う方、英語を勉強する方、ぜひ頑張ってください。

    木寺正輝さん

  • お金では決して買うことのできない素敵な思い出。

    私は、今年の4月から7月までオーストラリアのメルボルンにて3ヶ月間の語学留学をしました。私自身、海外へ行く事自体が初めての事だったので不安もありましたが、学校の先生や現地のコーディネーターの方々のおかげで楽しく、充実した留学生活を送ることができました。
    また、ホームステイをしていたのですが、ホストマザーは親身になって私の事を考えてくれ、ホストマザーの3歳の息子とは毎日のように遊んでいました。私にとっての留学生活は、たくさんの良いご縁とお金では決して買うことのできない素敵な思い出となりました。そして、留学するにあたってお世話になった方々全員にとても感謝しています。

    江崎一代さん

  • 日本を違う視点から改めて考えることができました。

    僕はカナダのトロントに留学していました。最初の頃は日本との違いを感じて日本に帰りたいと思っていました。でも徐々に友達ができて、生活にも慣れてくるとその気持ちも無くなりました。
    トロントはいろんな国の人が生活していて色々な国の文化に触れることができます。夏には色んな国のフェスティバルなどがあります。トロントは都会でありながら自然も多く休みの日は友達と公園に行ってスポーツしたりしていました。ニューヨークにバスで安く行く事ができ、ナイアガラの滝が近いので多くの留学生が旅行に来ています。
    留学では英語力の向上はもちろんのこと、たくさんの人との出会いや日本を違う視点から改めて考えることができました。留学は楽しいことばかりじゃなく辛いこともありましたが留学して本当に良かったと思います。

    中村祐輝さん

  • 留学を目指し勉強、自分でも信じられない程英語力が伸びました。

    なぜ私が海外留学をしたかというと、私が高校生の時、学校の修学旅行でオーストラリアに行き、外国の生活に憧れたからです。
    実際、私はこの学校に入学するまでは、英語は本当にできませんでした。単語もろくに知らず、グラマーもさっぱりでした。現在完了文や、過去分詞など、理解もできず、意味が分かっていませんでした。しかし、この学校に入学し、留学を目指して勉強をしたら自分でも信じられない程、英語力が伸びました。そして、留学先でも、そんなに苦労も無く過ごす事ができました。

    留学先では、日本では絶対に経験することはできない事がたくさんありました。私はイギリスに留学したのですが、イギリスはヨーロッパ圏の隣なので、私はフランス・スペインに旅行しました。旅費も安いので安心です。
    イギリスの留学先では、ヨーロッパ諸国からも留学生が沢山来ているので、学校でそういった人達と仲良くなれば、その友達の国の情報を聞く事もできるし、運が良ければ、その友達と旅行し、ガイドもしてもらえます。
    とにかく、留学で人は一回り大きくなれるものだと思います。自立心もつきます。海外の文化を共存することで、色々な人とも仲良くなります。自分を成長させる面でも留学は貴重な体験だと思います。

    斉藤貴幸さん

  • 楽しい事も辛い事も経験したけど、全部忘れられない思い出。

    この留学で楽しい事も辛い事も経験したけど全部含めて本当に忘れられない思い出になった。
    始めの頃は友達も出来ず、ホストファミリーともうまくいかなくて泣いてばかりだったけど、自分から話しかけようとしてなかったことに気付いてからは、外人の友達も増えて毎日一緒に遊ぶくらい仲良しになった。
    今でも時々メールするしまた会えたらいいと思う。 ホストファミリーとは最後までうまくいかなかったけどその分学校に行くのが楽しかった。あっという間だったけど充実した半年間だった。

    西川由華さん